tankist276 / stock.adobe.com
[st-kaiwa1]

本格的な筋トレを行いたいと思っている方の中には、トレーニングジムへの入会を検討している人も多いと思います。

現在トレーニングジムの数はどんどん増えてきており、設備はもちろん、深夜まで営業していたり、24時間営業のジムも増えてきました。

様々なジムが存在しますが、通うことにより得られるメリットは計り知れないものがある一方で、デメリットとなることもあります。

今回はジムの種類や利用環境、そしてジムに通うことによるメリットとデメリットについて解説していきます。

[/st-kaiwa1]

 

皆さんはどのジムを利用したことがありますか?

筋トレをするなら、どこが一番!というのは決まっていませんが、

筋トレ専用のジムなんかコアなジムなんかでみっちり!するのが一番近道かもしれません。

しかし、お住まいの地域によってそういったジムがあったりなかったりするが現状ですので

今回は、全国的に広い視野で視た場合の大まかな枠組みの中での説明とさせて頂きます。

 

スポンサーリンク

ジムの種類や形態

 

まず大きく分けて3種類です。細かい所まで行けばもっと種類があるのですが、普通はこの3種類から選択することになるでしょう。

[st-mybox title="ポイント" fontawesome="fa-check-circle" color="#424242" bordercolor="#424242" bgcolor="#ffffff" borderwidth="2" borderradius="5" titleweight="bold"]

 

  • 公営ジム
  • 民間企業経営のジム
  • パーソナルトレーニングジム[/st-mybox]

約この3つで分けられると思われます。

細かい趣向のジムももちろん存在しますが、全国的に視てこういった形です。

 

一番の差は経営者が誰かという点です。県(市)なのか、企業なのか、あるいは個人なのかという所ですが、

利用するにあたって、経営者がどこなのかはじめに確認したほうが良いと思います。

 

そして一番注意しなければいけないのは規模や、客層、料金、サービス面です。

私自身いろいろな所にいましたので経験も踏まえて説明していきます。

もちろん、どのジムでも筋トレするという目的は可能ですのでご安心ください。

 

公営ジム

 

県や市などの自治体が福祉や健康増進という形で提供してるジム等です。

営利ではないので、広告のポスターなどなく全体的に質素です。

ジム単体であることは少なく、何かしらの施設の中にあると行った感じの場所です。

例えば体育館の中にあったり、温泉と合体していたりと様々です。

 

料金や特徴

 

他のジムと大きく違う点で営利目的ではないということです。

ですので他の形態のジムに比べて、利用料金が遥かに安いです。(参考までに半年利用で6000円程度等です。)

そして公共施設だけに地域差が大きい。

その市の規模や考え方(財源)によって、マシンの種類や広さ等大きく異なります。

営利目的はないので、総合的に賑やかな雰囲気はあまりなく殺風景な所が多い。

客層も健康増進目的で来ている人が大半で、ご年配の方が多い印象です。

 

良い点

 

他のジムにはない、公共性の高いならではの利点があります。

[st-mybox title="ポイント" fontawesome="fa-check-circle" color="#424242" bordercolor="#424242" bgcolor="#ffffff" borderwidth="2" borderradius="5" titleweight="bold"]

・とにかく安い

・マシンは必要最低限は揃っている。運が良いと珍しいマシンなども置いてあり、下手な民間ジムより充実している所も中にはある。

・他の複合施設が多い。大体体育館の中にあることが多い為、他のスポーツもできたりする(バトミントン・卓球・バレーなど)。

[/st-mybox]

 

他のジムに比べ、筋トレ以外にも他のスポーツができるのは公営ジムならではです。

全身の持久力を鍛える事や、筋肉のバネや可動性を兼ねるなら公営ジムがおすすめでしょう。

 

悪い点

 

あくまで公共なので、サービス性はないと考えたほうが良いです。

 

[st-mybox title="ポイント" fontawesome="fa-check-circle" color="#424242" bordercolor="#424242" bgcolor="#ffffff" borderwidth="2" borderradius="5" titleweight="bold"]

・マシンの種類や器具が少ない事と、古いマシンが置いてある

・トレーナーがいない。市の職員や、アルバイト、OB等が受付にいるだけという感じ。

・雰囲気が殺風景で照明が暗め。窓にヒビがはいっても何年も放置している所も有りました。

・流れているBGMが昔のCDを流していたり、適当な音楽である。

・利用料金が安いため、人が多い。それゆえモラルが低い傾向にある。

[/st-mybox]

 

経験的に、若い人はあまりいない感じですが

近年ハードに鍛える人が増えてきてはいます。

悪い点ではないですがスポーツジムよりマニアが集まるイメージです。

 

どういう人に向いているか

 

筋トレを黙々とストイックにやりたい人や、料金安くすませたい人におすすめ。

他のジムと比べて良い点もあり、それだけで併用するのもありです。

トレーニーは割と寡黙にやられている男性が多い印象。

 

しばらく通うジムですから、下見して雰囲気、器具、客層など確認する事をオススメします。

 

民間企業経営のジム

Gym

 

宣伝やチラシなどで見るいわゆる会員制のジムです。

スポーツジム、フィットネスクラブ等、種類も豊富です。

ゴールドジム、エニタイム、ホリデイ、ルネサンス、カーブス等が代表。

 

料金や特徴

 

サービスによって差などありますが一般的には月額8000円~10000円程度

営利目的で経営しているため、サービスは充実していている。

サービスに差があり、用途によって特徴がある。

例として筋トレ重視のパワージム系や、スタジオ重視のフィットネス系、ヨガ系、女性専用のジムなど。

大まかにジム単体で敷地を用意いる形態か、スーパーやビルなどにテナント併設されている形態の2種類。

ジム単体の建物だと大体広く、サービス面でもワンストップで揃っている所が多い。

 

良い点

 

店内の空調や雰囲気、サービス面が常に管理されている事で安心して筋トレに打ち込めるジムが多い。

 

[st-mybox title="ポイント" fontawesome="fa-check-circle" color="#424242" bordercolor="#424242" bgcolor="#ffffff" borderwidth="2" borderradius="5" titleweight="bold"]

店内の雰囲気が良い。

トレーナーや、店内を管理や監視している人が常に配置されている。

筋トレだけではなく、総合的なサービスをしている所が多くスタジオやプールが併設されている所が多い。

[/st-mybox]

 

とにかく賑わいがあります。

筋トレスペースが少ない場所が多いですが、有酸素マシンの多さは他のジムに比べてかなり多いでしょう。

負荷のかかるマシーンで部位を鍛えるのなら、こういったジムがおすすめです。

 

余談ですが筋トレはフリーウェイトを扱わないと本格的に鍛えられないので

筋トレ目的の場合は、一度見学をしてパワーラックがあるか確認と

ダンベルの種類やスペースがどのくらいあるのか確認をした方が良いでしょう。

 

悪い点

 

そもそも、筋トレを主としたジムでない場合、器具やスペースがあまりない所もあり。

どの客層を優先して運営しているのかも見極めが大事。またそういった兼ね合いもあり、下記の事にも注意が必要です。

ほとんどの民営企業ジムに言えることですが、基本的には全体的に清潔感が有りますが

トイレがキレイだったり汚かったりがあるので見学して見極めましょう。

[st-mybox title="ポイント" fontawesome="fa-check-circle" color="#424242" bordercolor="#424242" bgcolor="#ffffff" borderwidth="2" borderradius="5" titleweight="bold"]

会員費がかかっているため、お互いが主張を譲らない人がやや多い。 つまり、マシンの占有や集団での利用が始まると当該マシンが時間内に使えないこともある。

筋トレ専用のジムではない場合、パワーラックが少なく(なかったり)あったとしても人気でいつも誰かに使われている。

[/st-mybox]

 

 

どういう人に向いているか

 

筋トレマシンや、ダンベル、各種設備は充実しているため本格的に筋トレする人にはおすすめです。(店舗によっては)

受付場所には各種スポーツ用品の販売レンタル、シャワーお風呂などのコンテンツなどあり時間のない人や、ある程度のサービスを求めている人におすすめ。

用途別に選べるので、それに適したサービス等を求める事ができます。女性しかいないところが良い(カーブス)とか24時間やっている所(エニタイム)、本気で筋トレしたい(ゴールドジム)、スタジオでヨガやエアロビクス、あるいはプールで泳ぎたい(フィットネスクラブ)などです。

もちろん、

筋トレをするために、スポーツジムを利用することも良いですが、筋トレエリアはそのジムの経営者によってかなり差があるので、

同じく下見をすることをオススメします。

 

私はスポーツジムを使い倒して体脂肪を6%した話

 

パーソナルトレーニングジム

 

よくテレビでCMを見る「ライザップ」などがこれにあたります。

集中的に目的にそってトレーナーが担当してくれる個別性ジムです。

 

最近では実績のある個人が開いているジムも多く登場していて、

更にユーチューブなどで筋肉ユーチューバーが経営しているジムも珍しくないぐらいになってきました。

もし近くに有名なパーソナルジムがあるようなら、一度見学するのもいい経験になると思われます。

 

筋トレは、

実績にある人に聞く事や、「見る・指導」されるという直接のアプローチが一番の成長といっても過言ではないからです。

独学が一番回り道になることを肝に命じて下さい。

 

料金や特徴

 

プロのトレーナーがお客一人に一人担当してワンツーマンで指導してくれるジムです。

一般的なジムにもトレーナーがパーソナルトレーニングというサービスがありますが、一人のトレーナーが多くの会員の指導を時間単位で担当するのに対して、こちらは一人のお客に対して、一人のトレーナーが専属で担当する。

例として「ライザップ」などである。その人の特徴や性質などに合わせて、メニューを作り管理します。

他にも実績を出している個人が個人でジムを作り経営しているところもあります。

値段は他のジムとは比較にならない程お高い。

 

良い点

 

[st-mybox title="ポイント" fontawesome="fa-check-circle" color="#424242" bordercolor="#424242" bgcolor="#ffffff" borderwidth="2" borderradius="5" titleweight="bold"]

目的を叶えるために、時間を節約できる 一般的な方法では到底わからない最新テクニックやノウハウで指導してくれる為、最短で成果を出せる

[/st-mybox]

 

悪い点

 

[st-mybox title="ポイント" fontawesome="fa-check-circle" color="#424242" bordercolor="#424242" bgcolor="#ffffff" borderwidth="2" borderradius="5" titleweight="bold"]

非常に値が張る

[/st-mybox]

 

どういう人に向いているのか

 

トレーニングやその周辺の知識を取得する時間がない人や、トレーニングをしてもなかなか成果が出ない人など、

すでに成功している人から直接指導してもらえる為時間が大幅に節約できる。

資金面に余裕がないと難しいが、時は金なりと考えるなら迷わずこちらを選択したほうが良い時もある。

筋トレを自分で考えてするのか、人に管理してやってもらうのかで分かれます

 

 

ジムで得られるメリット

 

筋トレに関して、

ジムを利用するにあたってメリットについて解説します。

 

筋トレ専用の器具やマシンを使える

 

メリットとしては、言うまでもなく自宅に用意するのは困難な器具を使用することができる点でしょう。

ベンチプレスやパワーラック、スミスマシンなどの基本マシンや、大手のジムになるとかなりマニアックな器具やマシンが設置されているところもあり、あらゆる角度から筋肉を鍛えることが可能になります。

また、ダンベルなど自宅でも用意できる器具もありますが、ジムであればあらゆる重量の器具があります。

色々な重さのダンベルを扱えることで、様々な部位を鍛えることが可能になります。

筋トレ初心者でもしっかり追い込めるようなマシンもありますので、筋トレを始めたての人でも満足してトレーニングすることが可能です。

 

安全に筋トレできる

 

ジムに置かれているマシンは点検済みですので、安全に筋トレに集中できます。

ジムマシンはこわれにくいですが、自宅ジムの欠点である点検整備も自分でやるというデメリットは打ち消していますね。

また、夜でも安全にランニングマシンを使って走れるのは安心だと言えます。

次の日でも、器具が整理整頓されているので片付ける手間やリスクも軽減できます。

 

自分の筋トレの進捗を知れる

 

これはメリットに入るかは人によるかもしれません。

他の人と自分を比べられるという利点です。それは会話によって、あるいは人のトレーニングを見てということです。

黙々とストイックにやられる方はあまり人を見ませんが、最初の頃は自分の筋トレが本当に正しいのか正直の所はわかりません。

トレーナーに聞くなり、周りの人に聞くなりという点ができるのも、

自宅ジムなどではできないことなのであえてメリットとさせていただきます

 

ジムでのデメリット

 

筋トレをやるにあたり、デメリットも存在します。

 

混雑している

 

ジムが混雑している時に使いたい器具が使えないということがあります。

せっかくジムに来たのに他の人が使いたいマシンを占領していると、テンションも下がってしまいます。

また、ジムには集団でトレーニングをしている人たちもいます。

こうした人たちは1つの器具やマシンを使うのにも時間がかかりますし、マナーが悪い人もいます。

当然こうした人たちもジムの利用料金を支払っていますので、どいてくださいとも言いにくく、非常にもどかしく感じてしまうことがあります。

 

お金がかかる

 

ジムに通うには、会員になるかもしくは1回限りの使用の場合にはビジター料金を支払う必要があります。

月額料金の場合は、毎日通っても1回しか通わなくても同じ料金が発生します。

仕事などで忙しかったり、病気やけがをした際にも、何もて続きをしないでいると料金は発生したままです。

金額はジムによって異なりますが、決して安くない料金を支払う必要がありますので、無理矢理にでも行かないと、という気持ちになってしまいます。

 

通うのが面倒

 

もう1つのデメリットとして、トレーニングジムに通うのが面倒ということがあります。

家の近くにジムがない場合には通うのが面倒に感じたり、天候が悪かったりするとなかなか行く気持ちが出ず、トレーニングをさぼりたくなってしまうこともあります。

 

関連記事として自宅ジムのススメがありますのでご参考ください

 

まとめ

 

トレーニングジムに通うメリットとデメリットについて解説してきました。

ジムでしか使えないような器具やマシンがあるという意味では、ジムに通うメリットは大きいといえます。

空いている時間を把握したり、料金の手頃なジムを探すなどをすることでデメリットも解消することができます。

その例として通勤から帰宅までの間にある、同じ系列の店舗をその日の気分に合わせて変えて変えていってみたり、

いろいろな環境でジムを楽しむということをされている方も中にはいらっしゃいます。

 

これから検討されている方はジム選びに失敗しないようにアドバイスするとしたら、

ジムに合わせてライフスタイルを変えるのではなくて、ライフスタイルに合わせてジムを選ぶという点で考えると良いと思います。

 

今回解説した内容を参考にして、充実したジムライフを送ってください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事