筋トレなどの運動を行う人は、BCAAという言葉は何回か聞いたことがあるかもしれません。

では、実際のBCAAの効果について、しっかり理解できているでしょうか?

BCAAは運動を行う人にとって多くのメリットをもたらすサプリメントですが、摂取するタイミングによって得られる効果も変わってきます。

今回はBCAAについて解説し、トレーニング効率を高

筋トレなどの運動を行う人は、BCAAという言葉は何回か聞いたことがあるかもしれません。

では、実際のBCAAの効果について、しっかり理解できているでしょうか?

BCAAは運動を行う人にとって多くのメリットをもたらすサプリメントですが、摂取するタイミングによって得られる効果も変わってきます。

今回はBCAAについて解説し、トレーニング効率を高める方法を解説していきます。

める方法を解説していきます。

スポンサーリンク

BCAAとは

BCAAとは、Branched Chain Amino Acidの頭文字をとったもので、日本語では分岐鎖アミノ酸と呼ばれます。

BCAAを構成するアミノ酸は、必須アミノ酸にも分類されるバリン・ロイシン・イソロイシンから構成されており、主に粉末の状態でサプリメントとして販売されています。

現在は味付け加工をされているものが多く美味しいものが多いですが、BCAAには独特の苦みがありますので、どうしてもこの苦みはダメだと思う人は、錠剤タイプで販売されているものを摂取するといいでしょう。

 

BCAAの筋肉への効果

BCAAの効果については様々ありますが、まず最初に挙げられるのが筋肉の合成促進および分解抑制作用です。

トレーニングや運動を行い、筋肉に刺激を与えることにより筋繊維が破壊されますが、そこにBCAAを摂取することにより、筋肉の合成を促進することができます。

また、トレーニングを行っているとエネルギーが消費されますが、その際、体内のエネルギーが枯渇すると、筋肉がアミノ酸に分解されてエネルギーとして使われてしまいます。

これにより筋肉の成長が阻害され、むしろやせ細ってしまいます。

BCAAの摂取によりこの筋分解を抑制することができ、効率的にトレーニングを行うことができます。

 

BCAAのその他の効果

BCAAが筋肉に対して効果があることを解説してきましたが、さらに他の効果も期待できます。

まず、集中力の維持効果が期待できます。

トレーニングを長時間にわたり行うことにより、トリプトファンというアミノ酸が脳内に侵入し、これの影響で疲れを感じたり、体のだるさを感じるようになります。

集中力が落ちるとトレーニングの質も低下しますし、怪我の原因にもなります。

BCAAを摂取することによりこのトリプトファンの侵入を抑えることができ、高い主注力を維持してままトレーニングできることが可能になります。

 

そしてもう1つの効果として疲労軽減効果があります。

実際の実験でも、運動を行う人を対象にBCAAを摂取した群とそうでない群では、筋肉痛と疲労感に違いがあり、摂取することにより疲労が軽減されるという結果が出ています。

連日のトレーニングや運動を行う人にとっては非常に嬉しい効果といえます。

BCAAの摂取タイミング

BCAAの上記の効果を得るためには、BCAAをこまめに摂取することがポイントになります。

例えば、筋肉の分解抑制効果や集中力維持効果を期待するのであれば運動前や運動中に摂取し、また筋肉の合成促進効果や疲労軽減効果を狙うのであれば運動後の摂取が必要になります。

そこで、BCAAは運動前中後のすべてのタイミングでこまめに摂取することをおすすめします。

運動後にはプロテインというのが定番ではありますが、あまりに激しい運動を行うと胃腸も疲弊しており、消化機能が低下しています。

ですので、運動直後は消化管を経ずに直接血中に現出するBCAAを摂取し、その後にプロテインを摂取することをおすすめします。

摂取の際の注意点としては、寝る前に摂取するとリラックス効果をもたらすトリプトファンが抑制されてしまい、入眠を妨げる可能性があるので、就寝前は摂取は控えるようにしましょう。

まとめ(こまめにBCAAを摂取して効果を実感しよう)

以上、BCAAについて解説してきました。

運動を行う人にとってBCAAはあらゆる効果をもたらしてくれるサプリメントです。

狙った効果を得るためには摂取するタイミングも大事になってきますので、今回解説した内容を参考にして、賢く摂取するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事