筋トレにおいてシューズはかなり大事です。

トレッドミル(ランニングマシン)で使っているシューズでそのまま筋トレをされている方をよく見ますが、実はこれはかなり効率が悪くパフォーマンスを出せなくなるばかりではなくケガの原因になってしまう可能性があります。

今回は適切なシューズ選びのポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

筋トレ時の誤ったシューズとは

 

筋トレでは主にウェイトトレーニングをメインに行う為、クッションが入ったシューズは適しません。

先ほども述べたように、ランニングシューズの特徴はやや厚底でクッションが入っている物が多く筋トレシューズには適していないのです。

その理由として、ウェイトを扱っている時にクッションがある為グラグラし踏ん張るときにバランスを崩してしまう可能性があるからです。

クッションのあるシューズはランニング中に衝撃を和らげるようクッションを入れているのですが、これがウェイトを扱う筋トレの際に足と地面との接地グリップを邪魔してしまいます

その為、バランスを取るために足の方に力が行ってしまい本来鍛えたい所の注意がそれるばかりか転倒しケガをしてしまう可能性が出てくるのです。

 

筋トレに効果的なシューズとはどういう靴

 

最も身近で適しているシューズと言えば皆さんもお持ちだろう「体育履き」になります。

しかし体育履きでジムを歩いている人はなかなか見ません。もちろん使用する分には問題ないのですが、学生時代の足のサイズも変わっている方も多いと思います。

ウェイトを扱う際理想的なのはシューズとは

ポイント

クッションがなく底が平らなもの

地面とのグリップ力が高いもの

が望ましいです。ついでに追加するならば「五本の指が独立しているもの」であればより地面を指で噛めるため良いでしょう。

 

筋トレで効果を上げるおすすめシューズ

 

5本の指が独立して踏ん張りが効くことで有名なシューズとしてあげられるのは

Vibram five fingers シーリーズです。一時期ジムや有名ボディビルダーなどで紹介されていた時期があり、はだし感覚で歩けると有名になったものです。

vibram five fingers ビブラム ファイブフィンガーズ V-Run 16M3101 Black/Yellow メンズ

ベアフィット ベアフィットフロント ベアフィット底

このシューズですと、地面とのグリップ力もさることながら指が独立していて踏ん張りが効きます。

ただ値段が少し高く、デザインがユニークなので、外で使うには少し勇気が入りますし実際ジムなどで使用するにしてもあまり認知のない所だと、足袋をはいているのかと思われてしまう所もあります。

 

また、レスリングシューズもお勧めです。

[アディダス] レスリングシューズ HVC AQ3325 メンズ

レスリングシューズ レスリングシューズフロント レスリングシューズ底

シンプルな履き心地ですが、地面とのグリップ力やホールド力が高くスクワット等の足に高重量がかかるシーンで活躍していくれるシューズです。

 

編集者が履いている靴はこちら

Vibram ベアフィットの指が独立していないタイプ

ウェイトエリアのゴムとのグリップ力は抜群で踏ん張りがバッチリ

また底が薄い為、地面を踏んだ時の感覚がわかりやすい。ウェイトを扱う際も床をしっかり足でつかめる感覚を与えてくれるので平衡感覚が無意識で取りやすい。

最大限パフォーマンスを実現させる為はだしで着用する事をお勧めします。

筋トレで効果を上げるおすすめシューズ

筋トレで効果を上げるおすすめシューズ

見た目も気にしていて、5本指だとどうしても抵抗があったためノーマルタイプを選択。2年使用していても全くソールが痛むこともなく、まだまだ現役で使用できそうだ。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事